【育毛し髪の色素を蘇られせる「haru黒髪スカルププロ」】

髪の色素を作るのはメラノサイト

▼ココをタップ▼

 

髪の色素が作られる仕組み

毛根にメラノサイト(色素形成細胞)というものがあり、そこでメラニン色素が作られます。

 

このメラニン色素が毛髪内のコルテックスに行き渡って、髪が色を持ちます。

 

毛根・毛髪の図解

 

白髪のメカニズム

何らかの原因でこのメラノサイトが弱ったり、死んだりして色素が作られなくなること。

 

これが白髪の原因です。

 

これが起こる原因は、加齢、ストレス、遺伝など、さまざまな要素の複合です。

 

しかし30代〜40代の白髪の主な原因は、髪や頭皮のダメージやストレスによるメラノサイトの機能不全とミネラル不足です。

 

haruスカルププロの白髪へのアプローチ

黒髪シャンプー「haruスカルププロ」は、白髪を染めるのではなく、髪の色素を作っている細胞を元気にします。

 

メラノサイトを元気にするヘマチンという成分を高濃度で配合。

 

海塩や褐藻ミネラルも入っていて、メラノサイトにミネラルをたっぷり送りこめます。

 

さらに頭皮ケアもしっかりすることで、メラノサイトの活力がだんだ蘇ってきます。

 

2種のメラニン

ちなみにメラニンには黒〜茶色のユーメラニン(真正メラニン)と、赤褐色〜黄色のフェオメラニンの2種類があります。

 

多くの人が2種のメラニンを混合して持っており、その比率がひとりひとりの髪の色味を決めています。